runner


こだわりの42.195Km

  マラソンっていうと、長距離走の総称みたいになっていて、学校でも町内会のイベントでもなんでも、ちょっと長い距離を走るのはみな「マラソン大会」てな感じになっているのはご存知の通りです。また、ウルトラマラソンもブームになりつつあり、多少、キャリアの短い人でも、50Kmとか、100Kmとかも平気で走り切ってしまう時代となっています。そんな中で、「マラソンはマラソン。42.195Kmだァ!」というこだわりを持つ人も少なくないはず。なんてったてオリンピック種目ですし、社会的な認知度も高い。やっぱり「マラソンを完走した」とか「サブスリー」「サブフォー」なんていうのは達成感ありますよね。だいだい42.195Kmというのが実によくできていると思います。40Kmでもなく、42Kmでもない。この最後の2.195Kmに泣かされたとか、195m長いおかげでサブスリーはお預け、なんて人もたくさんいらっしゃることでしょう。おそらくベテランの方の多くは感じているのではないかと思いますが、35Km程度なら、なんとかごまかしがきくし、50Kmならセーブできる。ちょうどこのくらいの距離が一番、身体をギリギリまで追い込む距離だと。自分自信を生殺しにする種目です。

 走り始める前には、テレビのマラソン中継とか見ていて、人間が一人で42.195Kmも走るなんて、普通、信じられなかったんじゃないでしょうか。その信じられなかったことに自分が挑戦しているという充実感がマラソンにはあります。そりゃぁ、大変なのは、ウルトラマラソンとかトライアスロンとかの方が大変だと思います。でも、マラソンの思い入れっていうのは、そういう自分自身や多くの人の観念という点で違います。そう、やっぱりメジャースポーツです。相撲と野球に匹敵する国民的スポーツであるといってもいいでしょう。しかも、誰でも手軽にできるわけではありませんからね。それに取り組んでいるんだって意識は何にも変え難いものがあります。自分がマラソンランナーであるというアイデンティティーを感じている人もいますよね。

 この、たいそうな偉業であるかのようなマラソンですが、真剣に取り組んでみると、手軽にとはいかないまでも、けっこう、思ったよりはイイ感じでイケてしまうものです。人間の潜在能力というのは本当に凄いですね。また、完走の後の奥の深みというのもあります。これはもう、走った人にしかわかりません。実際に走ってみて、最初の扉に辿り着いた人だけに見える次ぎの扉の魅力というのがあります。神秘的でしょ。

BACK

プロセスが重要。到達点としてのマラソン

 
マラソン、ランニングが一種のブームのような言われ方をされるようになってから久しくなりました。ブームはともかく、確かにみんながみんな、専門的なランナーになる必要はなく、思い立った時だけに走る、にわかランナーさん達も、日本のランニング界の底辺を支える存在であると言えるでしょう。

 「近くに大会があるから出てみようかと思う」こういうのが走り始めるきっかけだった人はたくさんいらっしゃると思います。そのためにトレーニングをするのか・しないのか、その後も走るのか・走らないのかはともかく、多くの大会の多くの参加者はだいたいこんな感じですね。青梅マラソンのメジャー化は、たくさんのイベント好きな一般民間人をランニングの世界へ引き寄せてくれたと思います。茨城の勝田マラソンは、フルマラソンにもかかわらず、地元茨城大学の学生さんがプログラム数ページ分も参加しています。もちろん、陸上競技部員だけでなく、普通の学生さん達が、卒業記念とかサークルの恒例行事なんかでエントリーしてくるようですが、普段何をしている人達かよく知りませんけど、一生懸命走っています。ホノルルマラソンもそうですが、にわかランナーさん、一発チャレンジ屋さん達、本当にたくさんいます。そのいい加減な存在に顔をしかめる業界の方々もいるのも事実ですが、それだけマラソンに対する認知度の高さや憧れを表していると重います。

 フルマラソンを完走する、というのは実際、どれくらい大変なことなのか、あるいはたいしたことではないのか、よくわかりません。なめてかかって泣きをみるのはよくあることですが、そこそこで走りきってしまう一発屋さんもまた大勢います。そういうのをどうこう評価するつもりはありませんが、「あのフルマラソンを自分も完走してみたい」という気持ちは誰もが同じで、一発チャレンジするのか・周到に準備するのかといった取り組みの違いはいろいろです。

 市民ランナーの皆さんからみると、意外なのが、アスリート(競技者)のマラソンに対する考え方でしょう。実業団選手ですと、現代では、大概は自分の競技生活のライン上のどっかにマラソンは普通あります。また、40Km程度の距離の完走能力にも問題ありません。だからって誰も彼もがマラソンに取り組んでいるわけではありません。また、箱根駅伝なんかで大活躍している学生ランナーでもマラソンの出場経験がある選手はごくごく僅かです。一般の方に「どうしてマラソンやらないの?速いのに…」なんて言われて「いやぁ、まだまだ。」って苦笑するアスリートは少なくないですね。

 アスリートにとって、マラソンで成功することは長い競技生活の最高到達点です。自分がどれだけの選手なのか、どこまで上り詰めることができるのかは最後まで誰にもわかりません。そこにオリンピックや世界陸上があるかもしれないし、2時間05分や06分台に挑戦する自分がいるかもしれない…。それは「究極」の闘いなのです。究極であるわけですから、その取り組みも半端じゃありません。その周到さ、計画の長さ…。マラソントレーニングに取り組む以前に、持ち得るスピード =5000mや10000mの能力をどこまで引き上げることができるのか、また、そのスピードをより長い距離に活かしていくことができるのか、という取り組みに相当な年数をかけてやってるわけです。

 マラソンの奥の深さは、これだけの取り組みをしても上手くいかないことがあるということです。ある意味では、誰でもレベルに応じて、そこそこはイケる。だけど、そこそこじゃなくて、キッチリやりたい。ギリギリまで行き着きたい。そういった選手一人一人の想いが、日本マラソン界を支えています。

                                         

BACK

長距離走とマラソンは違うのか?
 
 日本では、いつの頃からか「マラソン」という言葉が長距離走の総称のように使われています。ご存知のように、マラソンという種目は、本来、42.195Kmという微妙な距離で行われるレースのことですが、町内マラソン大会とか校内マラソン大会なんていうのがこんな距離で行われていないのも常識ですよね。まぁ、それはいいとして、本来、種目特性として長距離走とマラソンとは同じなのでしょうか、違うのでしょうか。

 ちょっと遠まわしな問いかけだったかもしれませんが、短距離走と長距離走が根本的に違うのはわかりますよね。それでは中距離走(800m・1500m等)と長距離走とではどうですか。また、長距離走の中でも、5000mと10000mの違い、10000mとハーフマラソンの違いなんかはどうでしょう。それぞれの種目の特性、どんな能力が必要なのかという違い。これは自分の専門種目を決定する上で非常に重要なことです。大まかにいうと長距離走の延長線上にマラソンがあるという考え方は間違っていません。しかし、長距離走が速い人がそのままマラソンをやっても速いかというと一概にそうだとは言えない面があります。トップアスリートの中でも、トラックの10000mからマラソンへの転向に失敗した例はたくさんあります。10000mやハーフマラソンで培ったスピードをマラソンで活かすという考え方は一つのセオリーなのですが、現実にはなかなかそう上手くいかない部分もあります。やはり身体的にも精神的にも適性というのがあるのではないかと思います。それと取り組み方として、単純に長距離走の延長線上ということのみでやると、どうかなという感じもします。最近は、マラソントレーニングという言葉も定着してきました。トラックや駅伝の練習とは違うという認識が強くなっています。やはり、マラソンはマラソンなのかな、という感じですね。

 うまく伝わるかどうかわかりませんが、長距離を「動」とするとマラソンは「静」ではないかと思います。駅伝なんかはもうイケイケで、最後多少へばろうが何だろうが、とにかく押せるところまで押して行こうっていう勝負になります。ところがマラソンは勝負どころまで、場合によっては最後までじっとガマンし続けることが一番イイ結果へつながる競技です。よく「マラソンは30Km過ぎてから」といいますが、30Kmまでは楽に行って当たり前。余裕があって当たり前。そこから12Km余りのレースが始まるって感じは確かにあります。長距離ランナーがマラソンで失敗するのは、どうしても、序盤から「動」的なレースをやってしまうことが多いのではないかと思います。また、おそらくトレーニングや調整の段階から「動」的にやっているということもあるかも知れません。十分走り込んでいるつもりでも、知らず知らずのうちに質(スピード)を追ってしまって、マラソンの足ができていない。その状態で更に「動」的な仕上げをしていくと、レース前には身体が軽く、キレが出てきます。こうなると普通は「調子がいい」と思っちゃいます。「30Kmまでは楽だったのに…」なんていうコメントはこういうプロセスで出てくる場合もあるのではないかと思います。繰り返しますが、30Kmまで楽なのは当たり前なのです。

 そういうことですから、皆さん、マラソンへのこだわりはそれとして、自分はちゃんとした方法でマラソンに取り組んでいるのか。これは本当にマラソンなのか。しっかり見つめながらやった方がイイと思います。長距離ランナーに較べ、マラソンランナーに哲学者がい多いのも、そういうことからかも知れません。
 

                                        

BACK

マラソン練習

  マラソンのための練習というのは何か特別な方法があるのでしょうか。10kmやハーフ等の練習とは全く違うのでしょうか。違うのか違わないのかというと、総論的には違いません。トレーニングの基本方針、方向性といったものは長距離もマラソンも変わりません。そもそもトレーニングの目的は何かというと、「目標とするペースで、レース距離を走り切る」という能力を獲得することにつきます。なんだ、当たり前じゃないか!なんて怒らないでくださいよ。実際のトレーニングにおいては、往々にしてこの目的から逸脱していると思われることが多々あるからです。

 マラソン練習においては「目標とするペースで42.195Km走りきる脚筋力」を養成することを「マラソンの脚をつくる」といい、ここにポイントを置かなければなりません。もちろん、トレーニングにおいて、レースのペースで、レースの距離を走り切ることはできません。そうなると、分習、分けてトレーニングすることになります。ここまでは長距離もマラソンも同じ。違うのは、必要なスピード持久力と筋持久力の水準です。ここのところで勘違いというか、認識不足で、過ちを犯しがちになります。

 競技者など上級者では、通常、マラソンに必要なスピードやスピード持久力は既にかなり高い水準のモノを獲得しています。このため、マラソントレーニングの中で、ある程度の距離を比較的余裕を持ってこなすことができます。これによってトレーニングが順調に進行し、いい仕上がりをしているかのような気がするのですが、その高い水準のレースペースを42.195Kmにわたり支える筋持久力の養成が十分でなく、結果として本番のレースで、後半、大きく失速することがあります。トレーニングの段階で、やや速いペースでの20Km走や、やや遅いペースでの40Km走を何度も取り入れていても、結局、足が出来上がっていなかったということもよくあります。

 また、市民ランナーや経験の浅い中級者などでは、LSDなど、基礎持久力養成のためのトレーニングに多くの時間を費やし、スピード持久力の水準が低いまま放置されていることがあります。このため、レースにおいては落差の無いペースで比較的余裕を持って走り切れるものの、タイム的な水準は、あまり高くなく、経験を重ねても大幅な向上も期待できません。
 このような失敗は、意外と指導者も選手も気付きにくいもので、なんらかの不測な要素を原因にして納得し、よし、次ぎは頑張ろう!で終わってしまうことも多いようです。当然、結局は繰り返すわけですけど。


 そういうことで、マラソンの練習の難しさの一つは、どのくらいのペースで、どのくらい走るのかという設定であるといえます。

                                        

BACK

やっぱり走り込み…か。
 

マラソントレーニングの基本が、スピード持久力と筋持久力の養成であることは前節で述べた通りです。それでは、そのためにどのようなトレーニングをしていくのかを考えると、やっぱり、なんといっても"走り込む"ということになりますね。ただ、一口に走り込むといっても、朝から晩まで黙々と走り続けているわけではありませんので、それがどういうもんだか、しっかり理解しておく必要があります。

 走り込みの程度を示す指標の一つに、「月間走行距離」というものがあります。これは1ヶ月間に何Km走ったのかを単純に合計したものですが、トップアスリートから初心者市民ランナーまで、どのくらいのトレーニングを行っているのかの大まかな目安として定着しており、さらに大まかには、走行距離の増加とベストタイムの伸びは比例して上昇する傾向にあるとされています。このことは一つの現象としては、ハイ、その通りです、とOKをだしてもいいのですが、綿密なトレーニング計画を策定する際には、より正しい考察が必要です。

 問題は、「月間走行距離が多ければ多い程ベストタイムが良い。増やせば増やすほどタイムは伸びつづける。」といった誤解があることです。これによって、マラソンランナーのトレーニングは、月間走行距離を増やすことが第一の目標となり、そのためのトレーニング方法として、LSD(Long Slow Distance)のような数時間単位の長距離走や、1日に数回に分割されたLongJogなどが多く用いられることになります。

 このような方法は、マラソンのための基礎持久力の養成には非常に有効です。そのため、基礎持久力が十分でない水準の多くのランナーにとっては、走行距離が増えるにつれ、タイムが上昇する、といった図式が描かれます。しかしこれは、42Kmあまりのレース距離に適応するだけの基礎持久力ができあがるまでの話で、そこから先を考えると限界があります。月間走行距離が1000Kmを超えるような市民ランナーやウルトラマラソンのランナーが意外とマラソンで伸び悩んだりするのは、こういったことが原因であることが多いように思います。基礎持久力が、いわば"長さに対する持久力"であるならば、"速さに対する持久力"である、スピード持久力の養成も記録の向上のためには重要な要素となります。


 かつて旭化成チームのトレーニングでは、走り込みのペースを「(1Kmあたり)男子―3分30秒、女子―4分」くらいがベストであるとされていましたが、これは非常に興味深い設定です。このペースで、おそらく30〜40Km程度の走り込みを繰り返し行っているのだと思うのですが、経験から導き出されたと思われるこのペースは、科学的に乳酸値などを推測してみてもけっこうイイ線をいっているのではないかと考えられます。(「だから科学なんか必要ない」なんて、いつも現場の皆さんには怒られちゃうんですね)

 旭化成勢のマラソンのレースペースを、男子3分00〜05秒、女子3分25〜30秒くらいとすると、このトレーニングは概ね85%程度の速度で実施していることになります。これは、比較的余裕を持って走れるペースですが、LSDなどの負荷にくらべれば、かなり速いということはご理解いただけることでしょう。このように月間走行距離の増大は、単純な量の積算ではなく、ある程度の質を伴った場合に有効であると考えられます。この水準のペースで、1回あたりのトレーニングを消化することは、通常、容易とは言えないまでも、十分に可能です。しかし、1ヶ月、あるいは数ヶ月に及ぶ走り込み期間を通して考えると、かなりハードな水準となってきます。もう少し、あと5〜15秒ほど速く走ることも1回あたりでは無理はありませんが、中・長期で見ると、疲労の蓄積とその回復のための休養を考えれば、あまり効率が良いとはいえず、結果的に走行距離もあまり増えないでしょう。マラソントレーニングにおける走り込み期の難しさはここにあり、この速くも遅くもない生殺しのようなペースが結果的には生理学的にも効果があり、走行距離を伸ばすのにも効率的であるといえます。実際にトレーニングプランを策定する際には、より短い距離、より長い距離をもっとペースにメリハリを付け、バリエーションを考えていくのですが、基本として、このような知識を持つことは後々、非常に意義のあることになってくるハズです。

 

BACK

マラソンのスピードとは?
 

中長距離走において、スピードという概念は、捉えどころの無い厄介なモノなのですが、マラソンになると、これがいっそうややこしくなります。現代のマラソンが非常に高速化しており、スピードマラソンの時代であるということは誰もが認めるところなのですが、それがどういうことなのか、きっちり説明してみろといわれると、とりあえずペースが速いとしかいいようがないのも事実です。

 しかもそれは、昔より速い、ということで、何を基準に速いというのかと聞かれると結構困っちゃいます。昨今の国際レースでは5Km当たりのスプリットタイムを15分前後、速いところでは14分30秒台でいくところもあります。これは15分前半で推移することを前提としている日本選手にとっては、かなり速いペースですが、それだけ(5Kmだけ)なら日本のAクラスの高校生でも十分出せるタイムであり、実業団であれば、このペースで15〜20Kmまでなら押せる選手はいくらでもいます。その意味では決して未知の速度というわけではありません。ただ、最後まで持続できない、ということです。そうすると、一つには、マラソンのスピードとは、非常に水準の高いスピード持久力であるということができます。

 ところで、マラソンで5Km14分半、10Km29分台という高速スプリットを刻むような選手は、5000m・10000mには、どのくらいのタイムをもっているのでしょうね。また、ベストタイムの高さと、マラソンのスピードは、やっぱり正比例するのでしょうか。これは大変難しい問題です。一般的には、正比例する、というか、正比例させる選手がいる、あるいは、させようとしている、というような説明になるでしょうか。と、いうことは、そうでない選手もいるということです。つまり、スピードを活かせる選手と活かせない選手とがいて、結局はスピード持久力の問題だということになるのでしょう。スピード持久力が十分な水準にあれば、スピードはあればあるほど有利になるはずです。

 スピード信奉は、国内では1980年代あたりから強くなり、まずトラックの10000mでスピードをつけてからハーフマラソンを経てマラソンへ、というのがお決まりのコースとなりました。しかし、意外と上手くいかないこともあり、トラックでは国際級の実力がありながらマラソン進出に失敗したり、スピードが無いといわれる選手が一線級にのし上がることは今でも頻繁にあります。「スピードをつけてから、それをマラソンに活かして…」という考え方は間違っているわけではありません。しかし、現実には、せっかくつけたスピードを、マラソントレーニングをしているうちに失っているということも少なくないような気がします。このへんのバランスの難しさといのはありますね。実際、10000mのベストとマラソンのベストを出した時期が非常に近いトップ選手はたくさんいます。「スピードをつけた後に」というのではなくて、最高のスピードと持久力を兼ね備えた時期に最高の成績を残している、といえるのではないでしょうか。
 

BACK

マラソン的期分けのススメ

 
長距離とマラソンが違うのか、同じなのかは、ここまでにしつこくやってきましたが、実際、本格的にマラソンに取り組もうと思うと、トラックと両立というのはかなり難しいと思います。実業団のチームの中にも、マラソン組というのは普通、独立部隊になっていて、本隊とは別練習になっています。なんだって言っても、マラソンは数ヶ月に及ぶ一つのトレーニングサイクルにおいて一度しか走れない、という大きな制約があり、そのために余計なところへ目を向けている暇はありません。これが根本的な長距離とマラソンの違いであるといえるかもしれません。

 マラソンを専門にやるというのは、そういう意味では結構、楽かもしれません。なにしろ日本のシーズンは1年中、トラックから駅伝、クロカンと、オフ無しで目白押しですからね。そんな中でじっくりと腰を据えて1本のレースに取り組むのはいいですね。そういうのが向いているというランナーもたくさんいるに違いありません。ただし、肝心のレースに失敗することもあるわけですから、その分リスクもムチャクチャ大きいですけど…。

 「期分け」は、長距離・マラソンの基本的なトレーニング方法です。ここでは、1つのレースに向けての1つのトレーニングサイクルとしての期分けの中味を考察するというよりも、もっと長い目でのマラソンランナー的なシーズンの進め方を考えて行きたいと思います。どのような状況をマラソン専門のマラソンランナーというのかは定かではありません。マラソンしかやらない、というのなら、それはそうでしょうけど、そういう選手ばかりじゃ、ありませんよね。そこで、今回は、現在、マラソンを最優先、最高目標として競技に取り組んでいるランナーを対象としていきます。

 実業団の若手選手の中には、「通常のトラック・駅伝シーズン」を消化した上で冬期にマラソンに出場する選手も多く見受けられます。これらは、両立させているというよりも、将来的にマラソンを見据えた準備といえるでしょう。マラソンを専門にやっているとは言えません。マラソン選手はトラックレースや駅伝に出場しない、なんて定義はもちろんしませんが、それらは優先課題ではない、あるいは、マラソンに繋げるためのものであるといえます。ここで、マラソン的期分けをオススメするのは、このような「通常のトラック・駅伝シーズン」よりもマラソンの準備を優先させることにより、より完成度の高いマラソンを目指すものです。トラックシーズンが始まるから十分休めない。駅伝シーズンが始まるから十分走り込めない。こういうのは普通に競技やってると当たり前にありますね。大学生がマラソンをやらないのは、ほとんどこれが理由です。こういうことを全て取っ払ってマラソンに専念するわけです。前述したように、こういうのに向いているマイペース型の選手もいると思いますが、逆に、チーム内での疎外感や失敗を許されないプレッシャーなんかもあるかも知れません。それでも敢えて高い完成度を目指して行くわけです。特に、ある程度長期にわたるオフ期間を設けることは重要です。1年間にキッチリ仕上げることができるマラソンはせいぜい2回が限度でしょう。それを数年間に渡り、連続してやっていくということは相当な負担があります。1本終わったらオフ、1〜2年やったらオフ、といった形で、しっかり心身を休める、リフレッシュする必要があります。そんな悠長なことやってられないと思うかも知れませんが、もっと長い目で見ると、着実に前進し、しかも長い年月続けるためには一番イイ方法だと思います。市民ランナーとアスリートの最も違う点かも知れません。

 

BACK

30Kmレースのススメ

 
トラックの10000mのスピードをマラソンに活かす。ハーフマラソンは、そのステップとして位置付けられています。しかし、ハーフマラソンが、即、マラソンへのステップになっているかというと、そう簡単にはいかないことも多いようです。「マラソンは30Kmから」とは、よくいわれることですが、10000mやハーフマラソンをそこそこで走る力があれば、確かに25km・30kmくらいまではイケます。しかし、そこからの力があるか、ないかは別の問題になります。

 マラソンに、ハーフまでの距離で養ったスピードを活かすというのは大切な取り組みです。レベルが上がれば上がるほど、その重要度は増します。しかし、そのことは、ハーフの単純な延長線上にマラソンがあることを意味しているわけではありません。

 ハーフマラソンは、来るスピードマラソンの時代に対応すべく、若手ランナーの育成を旨に、ここ10〜20年ほどで急速に普及しました。ほんでもって、その煽りを食った形で衰退?していったのが30Kmレースです。マラソンへのステップアップを単純に考えても、よく考えても、10000m  ハーフ  マラソン という図式に、30Kmが入ってこないのは不思議ですよね。倍、倍、でイケばいいというものでもないでしょう。ところが、ハーフやフルに較べ、出場しようにも無いのが30Kmレースです。かつて30Kmレースだった「つくば」と「信毎」はマラソンに、「郡山」はハーフに移行し、日本インカレも30Kmだったのが現在はハーフで実施されています。数少ない30Kmレースである熊日・祐徳・青梅などでは、少数ながら若手の実業団選手などの参加が目立ち、やはり現場ではマラソンの登竜門的な意味合いというのを強く感じているのではないかと思うのですが、なんといっても機会が少な過ぎます。

 マラソンの負荷(科学的にどういうものかは、はっきり説明できませんが…)には、経験によってしか得られない適応力のようなものが存在するのではないか思います。経験によってしか…というのは、実際のマラソンレースに相当するようなハードな練習はできないということです。30Kmレースのメリットは、いわば、この負荷の疑似体験ができ、多少なりとも適応力を身に付けられるということがあります。通常のトレーニングの中で、これだけの負荷を求めるのは、実施が難しいだけでなく、精神的にも、かなりキツいものがありますね。その点、練習の一環として参加する30Kmレースは、まさに究極のマラソントレーニングということができるでしょう。初マラソンの前に30Kmを経験しておく。マラソントレーニングの一環で30Kmに出場する。こういったことがもっと手軽にできるようであれば日本のマラソンも多少変わってくるのではないかと思うのですが…。レースディレクターの皆さんにご一考願いたいものです。

BACK

初マラソンの心得

 
マラソンに限っては、初挑戦を「初マラソン」とか「初フル」などと呼び、何か神聖なセレモニーでもあるかのような雰囲気があります。確かに誰でも初めてのマラソンの記憶と想い出は鮮明に残っているのが普通で、競技生活における、とてつもなく大きな足跡であるといえるでしょう。

 ホノルルを目指すような市民ランナーの一部を除き、競技生活の最初からマラソンの準備をしていることは、まずないでしょうけど、時間をかけて経験を積み、力をつけて、距離を伸ばし、最終的にはマラソンを…と考えている方は多いと思います。ただ、最終目標としてマラソンを位置付けることは共通していても、初マラソンに対する捉え方は様々です。一つは完全転向型で、長期計画の末、長距離からマラソンへ完全に転向するターニングポイントとしての初マラソンです。もう一つは段階的移行型で、シーズンの大半は長距離選手として過ごすものの、将来に備えて経験を積むためのマラソンに出場するもので、かなり早い時期に初マラソンを経験し、その後も1〜2年に1度くらいのスパンで出場していくというものです。これらはどちらがどうということはありません。指導者の考え方、選手の考え方や特性などの問題でしょう。ただ、スピード型の選手は前者、スタミナ型の選手は後者でいく傾向があり、それぞれ成功例も多いような気もします。

 スピード型の選手は、もともとスタミナの水準が低い場合が多く、マラソン進出が遅れるのも当然です。ただ、この間、トラックからハーフマラソンと、着々にマラソンに活かすためのスピードをつけていくわけで、最終的に大成する例が多いのが特徴でしょう。スタミナ型は、けっこう早いうちにトラックレースに見切りをつけている場合も多く、早期にマラソンへ進出しますが、スピードレベルに応じた頭打ち現象も見られないでもありません。


  初マラソンの重要性というのは、マラソンがどういうものなのかという認識をこれによって刷り込まれるということにあるのではないかと思います。実際にそれで成功する、失敗することよりも、将来的に、イケそうなのか、ムリそうなのか、この時の感覚で、精神的な面においては、けっこうな部分が決まってしまうのではないかと思います。初マラソンの成功によってつけた自信や意欲、またはその反動による自惚れや油断、あるいはプレッシャー。失敗による自信の喪失や意欲の低下、再起の決意、あるいは違う種類のプレッシャー等々…。これらが2度目以降のマラソンに与える影響はとてつもなく大きいと思います。マラソンへの長期計画の中には、人間的な成熟度も含まれていると考えるべきでしょうね。

  初マラソンで、もう一つ気をつけなければならないのは、終わった後の疲労の処理です。どんなにトレーニングを積んでいても、初めてマラソンを完走するとういうのは、身体にとって史上最大の負荷がかかっていると考えなければいけません。特に、けっこう結果が良かったりすると、ハイな気分になっちゃうものですから、なおさら要注意です。史上最大とはいえ、疲労は疲労ですから、キッチリ休養し、ケアをすれば、それで済むのですが、問題は、それが十分でないことが多いということです。初マラソンの疲労は、脚筋のみならず、全身に及び、内臓の機能低下すら起こすこともあります。この疲労レベルは、選手や指導者の「これくらい休めば大丈夫だろう」という思惑を大きく越えることがあり、それに気付かず十分回復する前にトレーニングを再開し、結果として、故障する・調子が上がらない・体調を崩す等々の悪循環を繰り返すという泥沼にはまってしまうことがあるのです。

 初マラソン成功後には「2度目のジンクス」というのがあります。何事でもそうなのですが、ビギナーズラック、あるいは、それに近い偶然・たまたま、といった要素がかなり含まれていることがあり、そのことに気付かない、当然のことと思いこむことに落とし穴が存在します。2度目のマラソンは、初マラソンを完走した時点で始まっているといっても過言ではありません。その全てを正しく検証・考察することによってはじめて次ぎへ繋がるのです。

BACK

「潰れる」経験
 

 もし、経験しないで済むのでしたら、それに越したことはないのですが、長くマラソンをやってると(初めてやる場合でもありますが)俗にいう「潰れる」という経験をすることがあります。もともと長距離レースには、バックリいくとか、ヘタるとか、撃沈することはツキモノで、珍しいことではないのですが、マラソンのコレは、その苦しさといったら、はっきりいってベツモノですね。ホントに、やった人にしかわからないと思います。もしかしたら、長距離とマラソンの違いは、この苦しさの種類の違い(厳密にはその要因の違い)ではないかとマジで考えています。

 ここでの考察は、潰れる前に、ジワジワ訪れるマラソン的苦痛との闘いについてです。快調に飛ばしながらも、中間点や30Km過ぎ当たりからバックリいっちゃう選手は、経験の無い種類であるこの苦痛(ストレス)に対する耐久性や心の準備ができていないこともあるのではないでしょうか。実際にマラソンのレース中、特にバックリいく前後に、身体にどのような生理的反応が起こっているのかはよくわかっていませんが、経験から分析すると、筋グリコーゲンの枯渇(エネルギー切れ)とか筋持久力の極度な低下などが考えられます。十分トレーニングを積んだつもりでも、結果的にこういうことが起こっちゃうのがマラソンの難しさでもあります。

 こういうのは、偶然に、あるいは、不運にも起こる訳ではないのですから、やっぱり、原因がある、はっきり言うとトレーニングがマズかったということになると思います。潰れるようなトレーニングしかできていなかったことをはっきり認識する必要があります。トレーニングの計画が悪かったのか、実施ができていなかったのか、その時はこんなもんだろうと思っていたことのどこかにミスがあったからこそ、ぶっ潰れちゃったんですから、妙に正当化しようとせず、素直に検証することが重要です。

 さて、そんなこといっても、それはレースが終わった後のことですよね。それでは、実際、潰れちゃったら、そこでどうしましょ。潰れるにも程度があり、精神力との兼ね合いもありますから、その判断は各自にゆだねることになりますが、状況によって、いろいろ考えることがあります。まず、第一には、完走すること。長距離・マラソンには、なぜが「完走の美学」が存在します。謙遜もあるのでしょうけど、実力者でも目標は完走、なんて言う人もけっこういますし、どのような状況になっても完走すること自体がすばらしい、と賞賛される傾向もあります。実際、一度も棄権したことがない、ということを誇りにしているランナーも多く存在します。ただし、最終的には、完走に対する個人の価値観ということになります。

 第二には、棄権すること。潰れること自体が体調が思わしくない証明であるともいえるでしょうから、身体のことを思えば早めの棄権も得策です。また、「もはや、記録なり何なり、このレースの目標達成の可能性がゼロになった以上、これ以上は疲労を増長させるだけである。早く切り上げて次ぎのレースに備えた方が良い。」と判断するランナーもたくさんいます。これらは全く価値観の問題ですから、どちらがどう、ということはありません。ただ、完走を追及するあまり、体調や安全を維持することが難しくなるような局面を迎えるようなことがないように注意していただきたいものです。また、「ダメなら止めて、また、次ぎにすればイイや。」的な安易な棄権は、マラソンに最も必要な忍耐力を削ぎ、頑張りどころで頑張れない、中と半端な選手になってしまったり、いわゆる、止めグセがついてしまうことがあるので注意が必要です。

BACK

キャリアが示すもの

 
かつては、マラソンほど経験の積み重ねがモノをいう競技はないと誰もが信じて疑いませんでした。と、過去形で語らなければならないのは、世界の一線級を見ても、マラソン歴の少ない若手選手が上位を占めることが全く珍しくもなんともなくなっているからです。

 若手選手の台頭については、練習量の増大とノウハウの定着で、長期的なステップアップと試行錯誤の必要がなくなったことが、その要因として考えられます。それどころか、高速化している現代のマラソンにおいては、スピードレベルを高い水準に保てる若い時期にしか世界の頂点を狙うのは難しくなっているのかもしれません。

 とはいえ、ベテランマラソンランナーの経験が無用の長物であるのかといえばそんなことはありませんし、若いうちに伸びなかったランナーに未来がないわけでもありません。ここでは、マラソンのキャリアが、どのようなメリットをもたらすかということを考察してみましょう。前述したように、経験がなくても通用するランナーが出てくる時代ではありますが、経験が少ないために通用しないランナーもたくさんいるのです。

 キャリアのメリットその@は、身体的な適応力です。若手の急激な台頭は、比較的短期間にハードなトレーニングを消化し、それに適応したということになりますが、これは非常に困難な仕事です。普通はトレーニングとレースを繰り返すことにより、何年にもわたる長いスパンで徐々に、その適応力を身に付けていく、レベルアップしていく、と考えてよいでしょう。もともとマラソンの負荷というものは、通常の人間には考えられないくらいもの凄いもので、そんな環境に適応するくらいに自分自身を"進化"させていくのは時間がかかって当然ですね。

 メリットそのAは、上手く走れるようになる、ということです。これは、失敗を繰り返すことと裏腹でもあるのですが、ペース配分や勝負のポイントなどの作戦面での成功確率が経験に比例して高くなっていくということです。これはトップレベルの選手に限ったことではなく、どんなレベルのランナーでも、レース中におけるシチュエーション毎の様々な判断において言えることです。マラソンは常にいくらかの余裕を持って走っているわけですから、いつでも行こうと思えばイケちゃう競技です。そこで、実際にどこで行くのか、ここで行くのか・行かないのか、というポイント毎の判断というのが明暗を分けます。その判断基準が経験というわけです。レース終盤、ヘロヘロになっているところを涼しい顔したベテランに抜かれて行く…というのは、こういうところの違いです。


 メリットそのBは、精神的な進歩です。ここでいう精神面とは、初マラソンで刷り込まれたマラソンに対する理解のことです。成功しても、失敗しても、初マラソンでは、マラソンはこういうものだという自分なりの認識が発生し、これは、2度目以降のマラソンに大きく影響します。最初に刷り込まれた自信や意欲、マラソンに対する正しい理解が、その後の成長に好結果をもたらすことがある一方で、自惚れや自信の喪失、誤った認識が、ストップをかけることも珍しくありません。このような、"思い込み"を解消するためには、最初の経験がマラソンの"全て"ではなく、"部分"であったことを知るまで経験を繰り返すことです。どういうわけかマラソンは、妙に哲学的になる傾向があり、誰もがそれなりのポリシーを持つようになります。誰もが自分のポリシーはBestであると思うものですが、少ない経験、偏った経験で得たポリシーは、異なった経験によって更新されるべきでしょう。

 

BACK

速い選手と強い選手
 オリンピックが開催される度に、マラソンの日本代表は誰か、ということが大きな関心を集めます。ご存知のように、日本の選考システムは、いくつかの選考レースを総合評価するというもので、誰にでもはっきりわかる、明確な基準というものがありません。そういうわけで80年代の男子、90年代の女子の選考など、過去にスッタモンダすることがあったのも事実です。選考方法云々は別として、正直言って、スッタモンダした上での選考結果がムチャクチャだったということはこれまでにあまり無かったと思います。まぁ、妥当な線で選考されているということですね。少なくても業界の関係者の多くはそう認識しています。ただ、マスコミをはじめとした社会の捉え方は若干異なることもあり、日本陸連が叩かれたり、どういうわけか選ばれた選手がパッシングを受けたりと、そちらの方がムチャクチャだったということが何度かありました。

 選考結果が非難される"誤解"の大部分は、タイムと順位=速さと強さの認識が、陸上競技やマラソンの専門家でない方々に理解されていないことにあると思います。メジャースポーツのツラいところでギャラリーが多いですからね。明確な基準でないにせよ、陸連サイドでは、ある程度のタイム内で、順位にこだわることは明言しています。これは、オリンピックで戦える、強い選手を派遣するという趣旨であり、業界のコンセンサスは得ています。ところがマスコミやファンは、いいタイムを出した選手が選考から漏れると「それはおかしい」ということでパッシングがはじまるわけです。

 陸上競技長距離種目、とりわけマラソンでは、速く走る=タイムを出す、ことと、どのような状況でも、勝負にこだわり、順位を確保する、ということで全く違った戦法を取ることになります。速くて強ければそれに越したことはないのですが、長い歴史の中で、そういうのはエチオピアのアベベ選手やポルトガルのロペス選手などをはじめ、わずか一握りしかいません。4年毎に日本の男女の代表6人にそれを求めるのは酷です。そうなると、大前提であるメダル獲得のためには、強い選手を派遣するということになるのは当然だと思います。

 そもそも、マラソンで好タイムを出す条件というのには、どういうことが考えられるでしょう。絶好の気象条件(気温・湿度・風)、平坦に近いコース、適度に速く、落差の無い経済的なペース、適当なライバル(集団・ペースメーカー)…などでしょうか。こういったことがどれだけ揃うかでタイム(記録)は違ってきます。極論すれば、好条件下では、誰にでも好記録を出すチャンスがあるということで、ある程度は運・不運の範疇です。ただ、誰にでも、といっても、好条件下で記録を出す度合いの高い、「速い選手」というのがいます。主に10000mに好記録を持つようなスピードランナーですね。好条件でレースが速くなっても、そのペースに適応でき、最後まで頑張って、優勝するか上位でゴールするのが「速くて強い選手」。終盤多少へばって順位は落としたがトータルでは好タイムなのが「速い選手」です。 

 条件が悪くなれば、それに応じてタイムが低下するのは当然のことで、もともと、違うレースで出したタイムを単純に比較するのは全くナンセンスなことだといえます。「強い選手」というのは、いかなる条件下においてもレースの流れに対応し、勝ちに行くわけで、勝ちに行って実際に勝つ、というのは大変なことです。「速い選手」の中には、悪条件に脆く、ガタガタに崩れる選手も少なくありません。「強い選手」というのは、条件の悪化にともなう記録の低下率が低い、要するに、厳しい条件の中でも他の選手より頑張れる、ということができますが、好条件のハイペースにどれだけ対応できるかは別問題です。

 このようなことから、魔物が棲んでいるとまでいわれるオリンピックなどでは、「運良く好条件のレースに出場し、タイムが良かったが、他の選手に負けてしまった選手」よりも、「やや条件の悪い中、タイムはイマイチだったが、確実に順位を取った選手」を派遣した方がメダルに近いだろうと考えるのはまさに妥当であるといえます。

 

BACK


All Rights Reserved,Copyright(C)1999-2003 @runner