e-Athletes  コースとプログラム              

 e‐Athletesは有料会員制でプログラムを提供しています。会員の年齢や走力水準は問いません。 
 アスリートやトップ市民ランナーから、初心者や高齢者まで、その志向性やレベルに応じたサポートを展開します。


 会員には入会時にいづれかのコースをご選択していただきます。(コースはいつでも変更可能です)
                 
             ◎=メインプログラム ○=利用可 △=別途手続で可 ×=不可 
コース 会費(税込) メインプログラム 主な内容  メールサポート  ゼネラルプログラム 練習会参加
陸連団体登録 

正会員

       
1ヶ月 5,400円 メールサポート
 eA式マラソントレーニングを基盤としたメールサポートです。
 初級者からトップ市民ランナーまで、レベルを問わず、長期から短期までのトレーニングに対応します。
  △ 
  1ヶ月 7,560円   メールサポート
 ポラール心拍計を使った「心拍トレーニング」のサポートです。 ◎   ○   △ 
1年間 1,080円
ゼネラルプログラム
 下記参照
×  ◎ △  △ 
陸連登録会員        
別途陸連登録経費 陸連団体登録 詳細
陸連団体登録のみに特化した準会員制度です。
× × ◎ 
練習会会員        
別途参加料
練習会参加  詳細
練習会参加のみに特化した会員制度です。
×  × ◎  △ 


 正会員の期限  
 Sコースは、随時入会・退会可能です。

 Gコースは、
毎年4月1日から翌年の3月31日までとし、年度更新制となっています。年度途中入会の割引等はありません。ただし、1月1日以降の入会につきましては、翌年度へ繰り越し延長と致します。

 現在、Lコース、Pコース、Xコースの新規入会は受け付けておりません。


プログラムの詳細

★メールサポート(Sコース) 
 会員個々に担当コーチが付き、電子メールによるトレーニングサポートを展開します。このサポートは、長期・中期・短期におけるトレーニング計画の策定(PLAN)、実施(DO)、実施に対する考察(SEE)と、計画に対するフィードバック〜を繰り返していくものです。
 会員の方からは、毎週のの練習報告をメールでいただき、担当コーチは上記に基づきそれに返信します。 

 これまでに、初心者からトップランナーまで、あらゆるレベルに対応して実績を残してきた「
eA式トレーニング」〜これは、月間走行距離のみでトレーニングを評価するのではなく、「走り込み」「仕上げ」「調整」という流れを作り、その都度、「適正な距離を適正なペースで走る」練習を反復していくものです。この方式に則り、尚且つ個人の環境や特性、経験等を考慮した個別のサポートを展開します。 

 ただしこれは、一方的にトレーニングメニューを提供し、誰でもこの練習をやれば必ず一定のタイムで走れる〜という類のものではありません。PLAN、DO、SEEのどの過程においても個人差があり、主体性も必要です。
 また、こ
のプログラムは、その成果をお約束するものではありません。特に短期間で一定以上の成果を上げるようなことは前提としていません。基本的には長期にわたってランニングに取り組み、より高い目標へ達成するため、間違いのないよう、最善の方法にじっくり取り組んでいくための道しるべ的な位置づけとして考えてください。

 人間には誰にでも「可能性」と「限界」があります。資質や年齢、経験、それにランニング環境等の違いがある中で、現状に取り組みの改善余地があるのならば、効果的・効率的な方法でそれを試してみるということを重視します。しかし、そのことによって具体的なレース結果として間違いのない数字が出るという保証は致しかねますのでご了解ください。



 メールサポートのイメージ
  練習内容と本人のコメント、そしてコーチからのサポート内容の「イメージ例」です。

○日    休養日  

○日 火    30分ジョグ 615/km

 走り込みスタート まずはゆっくり短めに。          

 初期段階ですから、ゆっくりで短めということで適切に走れたかと思います。
 確認ですが、このペースでの心肺、脚の頑張り度・余裕度はどうだったでしょうか?
 オフ明けの走り込み再開というタイミングですので、従来(前回の走り込みのピーク時)に比べると、少し感触が違っている可能性もありますね。

○日 水    10Km快調走  515/km

 まさに快調走!少し速めのペースで、快調に走れた。          

 最初のポイント練習としてはOKです。確かに快調走は、快調に走れてこそですね。
 で、これも心肺、脚の頑張り度・余裕度はどうだったでしょうか?快調!と言えども、この段階ではまだ、呼吸が弾むようなペースで走る必要はありませんので。まだまだ頑張り度はセーブしていく必要があります。

 

○日 木     休養日  

○日 金    60分ジョグ

○日 土   20kmロングジョグ 535/km

 ペース的に無理はなかったと思うが、さすがに20Kmも走ると、疲れを感じる。

 まだ走り込みの初期段階ですので、ゆっくりでも、現段階の耐性より長く走れば疲労も出ます。ここはもう少し短めの距離から始めても良かったかも知れません。あるいは、もっとペースを落として余裕度を確保しても良かったですね。
 基本的に走り込みの初期段階は、「まず距離・それからペース」です。その時点での耐性レベルに対し、「やや速め・やや短め」になってしまうと効率も悪くなりますので、まずは「ゆっくり長く」からです。

○日 日   120分LSD  730/km

 前日の疲れがあり、かなり辛いLSDだった。       

 前日、少し無理をしているだけに、ここはもっと軽め(短め)のLSDとした方が良かったでしょう。あるいは、ポイント練習は回避して、回復ジョグとしても良かった局面です。
 週末の基本計画が「ロング走→LSD」だったとしても、それはあくまでも余裕度優先ですので、まだ脚が出来ていない今の段階では、状態次第で臨機応現に下方修正していっても良いですよ。
 逆に、調子が良いような気がしても、もっと速く・もっと長く!〜の上方修正はなしです。このあたりは、もっとじっくり進めていくことが大切です。

 

○日 月    休養日  

○日 火    60分ジョグ

 週末の疲れがまだ残っていたが、なんとか頑張って60分走れた。     

 1日休養を入れても週末の疲労が十分回復してはいなかったようですね。やはりそれだけ週末の負荷が想定以上だったということでしょう。
 この日は、つなぎのジョグのつもりでの60分の実施だったかと思いますが、もっと短めの回復ジョグとしても良かったでしょう。ただただ一定の距離・時間を走るだけでなく、ジョグなりに、何を目的にしているのか〜を考えながら実施することが大切です。
 ここは、前週の疲労を解消し、水曜のポイント練習につなげるということがそのテーマになる局面です。

○日 水        10Km快調走  500/km

 後半はかなりきつかった。呼吸も弾み、最後はペースを維持するのが精一杯だった。

 疲労が回復し切れていない中、前週より一気にペース水準を引き上げた快調走になったことで、少し負担が大きかったのでしょう。
 このあたりは週末からの流れがちょっと乱れている形になっていますので、まう疲労を解消して立て直していく必要がある局面です。

○日 木  休養日  

○日 金   30分ジョグ 700/km

 ゆっくりペースで短めに切り上げた。だいぶ体も楽になった。          

 ここは適切な回復ジョグになったようで、非常に良いですね。
 こういう修正をしていく・それが出来るようになっていくことが重要です。

○日 土   20kmロングジョグ 545/km

 前週と同じペースだったが、余裕度は増したように思う。     

 疲労回復効果もあり、また前週からペースを少し下方修正したことで、だいぶ余裕度の大きな、良いロング走になったかと思います。
 次週は、このペースのまま、もう少し距離を伸ばしても良いでしょう。

○日 日     140分LSD

 余裕があったので前週より時間を伸ばし、更にラストの15分はペースを上げた。

 前日に余裕があった分、今回は無理なく走れたようですね。ただ、LSDですので、最後までゆっくりペースを維持した方が良いでしょう。少し刺激を入れるのであれば、LSD終了後に流しを入れてください。
 まあ、ペースを上げられるくらい大きな余裕を残して終えられたという点ではOKです。



質問
再来週はハーフマラソンのレースがありますが、どのように対応していったら良いでしょうか?

まだ走り込みの初期段階ですので、ここで調整してまでレースで良い結果(タイム)を出そうとする必要はありません。今回はあくまでも練習の一環(練習レース)と思って、直前まで通常練習を反復していってください。
 その上で、快調走より1段階上の負荷をかけることが出来、そこから速やかに疲労を回復することが出来ればOK!〜と考え、その後また、速やかに通常練習に戻していってください。

  スピード練習やレース対応の取り組みは何もしていませんが、走り込みがきちんと出来てくれば、練習レースでも、自ずと結果は着いてくるようになり、また、その効果も期待出来るようになってきます。
 これは、今回だけでなく、長い目で見ての取り組みとして常に意識していってください。
 


  

   

ゼネラルプログラム
  以下のプログラム、サービスをご提供致します。 
  ・ニュースレターの配信
   会員の活動報告の他、特別記事をニュースレター「ATHLETES」を会員にのみ配信します。 
  ・合宿、イベント等の参加
    会員限定の合宿、イベント等の企画に参加できます。
  ・練習会やイベント等の参加料割引 
    
 市民ランナーの星 〜星野芳美さん(静岡)

  初心者からトップランナーまで〜 そのトップにいるのが会員番号003、eAの設立当初からSコースのサポートを受けている星野芳美さんです。

 30歳から走り始め、3児の母でありながらも常に実業団選手とも堂々と渡り合い、長野マラソンでは2年連続日本人トップ、北海道マラソン入賞、更には国民体育大会ハーフマラソンでも入賞、大田原マラソンでは4連覇を果たすなど、その実績をあげればきりがありません。名実ともに現在国内最強・最速市民ランナーのポジションにいます。

 その原点は、基礎・基本を大切にすること。決して天才であるわけでもなければ、秘密の特訓に取り組んでいるわけでもありません。オーソドックスなトレーニングの反復とステップアップ〜それを忠実に繰り返していることこそが強みなのです。

 ともすると、目新しさや奇抜さに目を奪われがちな市民ランナーのトレーニングにあって、原点に立ち返る基本の大切さを知り尽くすということが、トップランナーへと成長させた大きな要因であるといえます。

    

 

 

TOP